材種について
雉子舎の家具に使われる材料は、主に広葉樹です。
広葉樹は針葉樹に比べて成長が遅いため、その分年輪が細かく、
とても美しい木目を有しています。

雉子舎の家具でよく使われる木の種類と特徴を、まとめてみました。
色や木目の入り方など、それぞれがとても魅力的です。
ブラックウォルナット(学名 : Juglans nigra L.)
クルミ科の散孔材です。北米が主な産地です。
表面は、周辺では乳白色から灰紫色、中心は紫色を帯びた薄褐色から濃褐色と
独特の色合いが特徴です。艶出し加工で美しく仕上がり、加工性も良い材です。

経年変化によりタンニンの影響で黒くなることがあります。木理が美しいため、
古くから高級家具材や工芸用材として用いられてきました。チーク、ローズウッド、
マホガニーと並んで世界的な高級材で、米国産の木材のうちで最も人気のある材
の一つです。
ブラックウォルナット材
チェリー(学名 : Prunus serotina )
バラ科の散孔材です。北米が主な原産地です。
辺心材の区別は明瞭で、辺材は淡い紅褐色から濃い紅褐色。長年使い込むほどに飴色に変色し、高級感が出ます。
木質はやや軽軟で木肌は緻密です。加工が容易なうえ、表面の仕上がりもきれいです。
ブラックチェリーや、ワイルドチェリーとも呼ばれ、日本のヤマザクラと比べて、色が濃いのが特徴です。
チェリー材
ナラ(学名 : Quercus crispula)
ブナ科の環孔材です。日本から中国に分布しています。
柾目面には帯状に虎斑(とらふ)杢が現われます。重くて硬い材ですが、加工は容易です。
家具用材、洋酒の樽材、建築材、枕木などに用いられ、ブナとともに曲木の材料に適しています。
ナラ材
クルミ(学名 : Juglans mandshurica subsp. sieboldiana)
クルミ科の散孔材です。日本全土に分布しています。
主に山中の湿地に生え、あまり大きな木にはならない木です。
木肌はやや粗いですが、表面は良好に仕上がります。切削などの加工が容易で、
家具材、彫刻材、建築材、器具材などに用いられています。
柔らかく、やさしい雰囲気が特徴です。
クルミ材
ミズメ(学名:Betula grossa )
カバノキ科の散孔材です。本州から九州の深山に生え、高さは20メートルに達します。
わが国特産の材で、生産量が少ないため、市場にあまり出回っていません。
重くて硬い材なので、肌目は緻密で美しいです。家具材、器具材、床板などに用いられ、
漆器の中でも高級な木地として使われています。
かたくて弾力があるので、かつてはこの木で弓を作っていました。
ミズメ材
タモ(学名 : Fraxinus mandshurica var. japonica)
モクセイ科の環孔材です。日本から中国にかけて分布しています。
年輪は明瞭で、時に美しい杢を有します。これはタモモクと呼ばれます。
良質有用な材で家具材、造作材、器具材などに用いられています。
特に、弾力性に富むのバットやラケット、スキー板などの材としても重用されます。
タモ材
トチ(学名 : Aesculus carnea)
トチノキ科の散孔材です。日本、中国に分布し、特に東北地方や北海道南部に多く自生します。
材面には絹のような光沢があり、リップルマーク(さざなみ紋)と呼ばれる美しい紋があわられます。
木肌は緻密で、加工性もよく椀や盆などの刳物、彫刻材などに用いられます。
特に、縮杢(ちぢみもく)が現れたものは茶道具や工芸材料として珍重されています。
実はトチ餅などに加工し食用に利用されます。
類似種のマロニエ(セイヨウトチノキ)は、パリの街路樹として有名です。
トチ材
ケヤキ(学名 : Zelkova serrata )
ニレ科の環孔材です。日本を代表する優良材として知られています。
年輪は明瞭で光沢がり、材は耐湿・耐久性に優れています。
弾力性があり、曲げにも強いため、古くから建築材、家具材、建具材、造作材として
幅広く用いられてきました。特に寺社建築や、農家の大黒柱として重用されてきました。
300年以上経った古木には、玉杢、牡丹杢、泡杢などの美しい木目模様が
現われることがあります。
ケヤキ材