ありざん。

最近の暖かさに、自転車で来られるお客様が増えています。

駅前や旅館の自転車を借りるそうです。

徒歩だと、古い町並み近辺しか行けないので、

自転車に乗って、もう少し範囲を広げるのもいいですね。

これも新しい発見になりそうですね(‐^▽^‐)

町探索好きの方、自転車いかがですか~?自転車

-・-・-・-・-・-

あったかくなった工房では、テーブルやデスクの製作が

進んでおります。

天板の裏には、写真のような加工をします。

家具工房 雉子舎スタッフブログ

これは蟻桟(ありざん)という、板が反らないための加工です。

板を一年以上かけて、自然乾燥させますが、その時々の環境や

湿度により木の狂いが出てきます。

単にビスなどで押さえつけるだけでは、木の動きを止めることが

出来ません。。

蟻桟は、天板に溝を掘り込み、木の膨張・収縮を妨げることなく

反りを最小限に食い止めてくれるのです。

受け継がれた飛騨の匠の技ってすごいですね!

雉子舎のテーブルやデスクには、こうした加工を職人が丁寧に

製作しています。

ぜひ、こっそり天板の後ろを見てっみてくださいね。

(スタッフ:た)