木の節・虫穴

こんにちは傘3汗

先日の大雪に変わって、

今日は雨が降っています。

この前の雪もほとんど融けてしまいました。

先日、制作現場に足を運んでみると

福嶋さんが一枚板のを埋めていました。
家具工房 雉子舎スタッフブログ
照れ笑いしながら作業する福嶋さん音符

穴というのは、節が抜けた痕や虫穴のことです。

木には必ず枝があって、そこには、節ができます。

節の種類によっては、板にした時に

穴が空いてしまうものがあるみたいです。

また、木は案外、虫に食べられていて

材料の板などを見ると

けっこう虫穴が空いています。

福嶋さんはそれらの穴を接着剤や補修剤などで

埋めていました。

家具工房 雉子舎スタッフブログ

埋めていたのはトチの木に開いた虫穴。

中の虫はもういません。
家具工房 雉子舎スタッフブログ
穴を埋めた後は、

板を全体的に磨いて、

平らにしていくのだそうです。

作業していた木とは違う木ですが、埋めた痕はこうなります。
家具工房 雉子舎スタッフブログ
ケヤキの一枚板の埋め痕。

きれいに埋められているので、

触っても痕があるかどうか気づかないほど

滑らかです。

この埋め痕や穴などは

通常キズのような見方をされることが多いのですが

雉子舎では、これをデザインとして

生かしています。

このトチの一枚板は、節や埋め痕がたくさんありますが

それを生かしたおもしろいデザインに仕上がっています。
家具工房 雉子舎スタッフブログ

家具工房 雉子舎スタッフブログ
節や穴も個性です♪

『出来の悪い子ほどかわいい』 じゃないですが、

節や穴がある木のほうが

私は愛着を持ってしまいます(*^▽^*)

みなさんもあまり嫌がらず、

節や穴も愛してあげてくださいね♪

 (スタッフ・さとう)