雉子舎の工房をご紹介します

私たちの工房は、岐阜県JR高山駅から車で20分ほどの山の中にありますき

道沿いには雉子舎の看板があります。

そこを曲がり、小道を抜けると・・・

私たちの工房がありますきら

当初は平成4年に小さな小屋からスタートし、今の工房は平成12年5月に完成しましたヾ(@^▽^@)ノキラキラ

近くでは、カモシカが発見されるほど、自然が豊かなところです音譜

(詳しくは工房日記をどうぞ芽http://www.kijiya-fc.com/kijiya%20diary/message11.html

この近くには「木地屋渓谷」(きじやけいこく)という、

昔、木の器をろくろで挽いて製作する「木地師」(きじし)が住んでいたすごく綺麗な谷があります。

雉子舎(きじや)という名前は、社長のフライフィッシングのお気に入りの場所でもあった「木地屋渓谷」と

野鳥の「雉子」(キジ)を合わせて付けられたそうですキラキラ

工房では、テーブルや椅子などの家具や、時計や鏡などの小物を
職人さんが丹精込めて、素材の木を生かして作っています(-^□^-)キラキラ2

雉子舎の商品は、高山市内にある 『家具工房 雉子舎 gallery』 で、展示・販売を行なっております音譜

次回はショップのご紹介をしたいと思います花

(スタッフ・佐藤)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)